講師プロフィールPROFILE

日下 貴美子

ピアノ講師代表日下 貴美子

【プロフィール】
ピアノ指導歴40年以上。幼児から受験生までを指導。
特に将来専門家を目指す上で一番大切とされる幼児期の指導を得意とする。
音大卒業後、札幌ピアノ音楽院(現:札幌コンセルヴァトワール)にてピアノ指導を始め、日本ピアノコンクール地区予選、本選、全国大会の審査員を務める。
全日本ピアノ指導者協会札幌支部で講師を務める。
2001年上京。柏市にて花野井ピアノ音楽院を主催。
旧:柏コンセルヴァトワール代表、現在日本芸術育成学院(NANA)院長。

【みなさまへメッセージ】

柏市にピアノ教室を構えて約20年、皆様方のご協力を得て、ここまで歩んで参りました。
2021年、教室の名称を、柏コンセルヴァトワールから日本芸術育成学院(NANA)と改称し、新たなスタートを切ることになりました。
当教室の特徴として、各分野の先生達が連携してお子様を大切に育てています。
年齢を問わず、芸術に親しみたい方から専門でプロを目指す方まで、一人でも多くの方が、NANAで学んで良かったと思っていただけるような学院を目指し、日々精進して参ります。
是非ご一緒に、芸術の世界を身近に感じて頂けましたら幸いです。

日下 文葉

ピアノ講師日下 文葉東京藝術大学音楽学部ピアノ科卒業

【プロフィール】
北海道出身。幼い頃より母の手ほどきを受ける。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部を卒業。
在学中、ドイツ・ハンブルクにて故コンラート・ハンゼン氏の指導を受ける。国立音楽大学大学院にて修士号を取得。
各種コンクールにて第1位及び入賞、またオーディションに合格。
現在、各地でソロ・室内楽・伴奏などの演奏活動のほか、後進の指導にもあたっている。これまでにピアノを梅本実、黒川浩、堀江孝子、安井耕一の各氏に師事。
ラントシュ・イシュトヴァーン、ミッシェル・ベロフのレッスンを受講。室内楽・伴奏を徳永二男、長尾洋史の各氏に師事。
ソルフェージュを手島由芙子、茂木眞理子の各氏に師事。音楽コンクールにて全国審査員も務める。日本演奏連盟会員。

脇岡 洋平

ピアノ講師脇岡 洋平東京藝術大学卒業、
ハンス・アイスラー音楽大学大学院卒業

【プロフィール】
1980年東京生まれ。5歳よりピアノを始め、東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て東京藝術大学音楽学部を卒業。2010年ベルリン”ハンス・アイスラー”音楽大学大学院コンツェルトイグザーメン課程の卒業試験において最高点で卒業し、国家演奏家資格を取得。その後1年間ブダペストのリスト音楽院にて学ぶ。
在学時よりかずさアカデミアピアノコンクール、日本音楽コンクールなどの国内のコンクールをはじめ、ドイツ、イタリア、ポルトガルなどで数々の国際コンクールにて入賞を重ねる。
2005年度より明治安田文化財団奨学生に2年間、2007年度文化庁海外研修生、また2008年度よりローム音楽財団研修生となる。
これまでに藝大フィルハーモニア、ニューフィルハーモニー千葉、東京シティフィルハーモニック交響楽団、ブランデンブルグ交響楽団、ポルト交響楽団、ベルリンコンツェルトハウスオーケストラ等と共演。特にブランデンブルク交響楽団と共演したシューマンのピアノ協奏曲はドイツ国内の音楽雑誌、新聞等で高い評価を得た。
また2010年、2012年に東京文化会館小ホールにて開催したリサイタルでは国内の音楽誌上にて高い評価を受ける。2009年より定期的にブダペストのリスト博物館のリサイタルシリーズに出演し、2013年春にはリストソサイエティーに招かれ、同博物館にて開催されたワーグナー=リスト音楽週間のオープニングセレモニーに出演。2017年にはリスト誕生日記念コンサートに招かれブダペストにて演奏を行い成功を収めた。
室内楽では、鈴木良昭(クラリネット)、リンツ・ブルックナーハウスのアンナ・マリア・パーマー(ソプラノ)、江口心一(チェロ)、伝田正秀(ヴァイオリン)各氏等と共演を重ねている。
これまでに大畠ひとみ、出羽真理、神谷郁代、堀江孝子、田辺緑、播本枝未子、H.シグフリッドソン、G.クプファーナーゲル、G.ナードルの各氏に師事。また、V.ミシュク、V.マカロフ、A.ヴァルディ、中村紘子、D.バシュキーロフ、P.ギリロフ、B.L.ゲルバー各氏のマスタークラスを受講。
現在ソロピアニストや室内楽奏者として活動する傍ら、日本大学芸術学部准教授として後進の指導にあたっている。

佐藤 裕子

ピアノ講師佐藤 裕子桐朋学園大学、ウィーン国立音楽大学卒業

【プロフィール】
ピアニスト、ピアノ講師、音楽企画。
音楽協会「シュガーハウス」を主宰し、ピアノソロ、室内楽を中心にサロンコンサート を数多く企画。 コロナの影響で生演奏が難しくなって以来はYouTubeを使った配信演奏も積極的に行なっている。
桐朋女子高等学校音楽科ピアノ科・同大学卒業。同大学室内楽研究科終了。
ウィーン国立音大を最優秀賞を得て、首席で卒業。
イタリアの「カルロ=ソリーバ国際コンクール」にて、室内楽部門第一位、多摩フレッシュコンクールピアノ部門第二位など、国内外のコンクールで上位入賞。
現在、宮地楽器専科コース講師、上野学園非常勤講師。

齊藤 諒

講師齊藤 諒東京藝術大学音楽学部楽理科に在学

【プロフィール】
東京都出身。小学生のとき合唱とピアノに出会う。早稲田大学高等学院、早稲田大学政治経済学部卒業。
大学では、男声合唱団「コール・フリューゲル」の学生指揮者を務め、全日本合唱コンクール全国大会に出場するなど貢献。以来、合唱指揮者の道を志す。また、大手個別指導塾での学習指導経験も持つ。2019年より東京藝術大学音楽学部楽理科に在学。学内ではソルフェージュ、西洋音楽史、音楽理論などを学ぶほか、学外ではこれまでに合唱指揮マスタークラス、講習会を複数受講し、自身で合唱団を主宰するなど、活動の幅を広げている。ピアノを畑真理、梅田智也の各氏に師事。
東京藝術大学バッハカンタータクラブメンバー。

松元 香

講師松元 香東京藝術大学卒業、同大学院修了

【プロフィール】
柏市出身。12歳よりクラリネットを始める。
千葉県立柏高等学校を経て東京藝術大学卒業、同大学院修了。
クラリネットを荒井伸一、鈴木良昭、村井祐児の各氏に師事。
演奏活動は室内楽、吹奏楽、オーケストラ、ミュージカルなど幅広く、現在は主に東京ニューシティ管弦楽団および東京クラリネットフィルハーモニーのメンバーとして活躍している。また茨城県立取手松陽高等学校にて音楽科の非常勤講師も勤め、後進の指導にも力を入れている。

藤田 沙弥子

ハープ講師藤田 沙弥子東京藝術大学音楽学部卒業

【プロフィール】
東京藝術大学音楽学部卒業。
日本ハープ協会主催新人デビューコンサート、横浜イギリス館にてリサイタル、国際ハープフェスティバル出演等を経てデビュー。
現在、ソロ、室内楽、オーケストラ等クラシック分野での活動の他、レバーハープの演奏にも力を注ぎ、レバーハープ2台とオカリナのユニット「ゴシキヒワ」のメンバーとしても活動中。
また、ゴシキヒワをはじめ朗読と音楽のコラボレーション等、ジャンルを越えた活動の中では自身で作編曲も手掛けるなど、様々な角度からハープの魅力を探求している。
銀座十字屋ハープ・フルートサロン講師。

芳賀 仁一

絵画講師芳賀 仁一

【プロフィール】
1985年 東京藝術大学絵画科油画専攻卒業
1987年 東京藝術大学大学院壁画研究室修了画家、芳賀壁画工房主宰

西尾 洋

特別講師西尾 洋

【プロフィール】
ヤマハ音楽教室でピアノと作曲を学び、東京藝術大学音楽学部附属音楽高校を経て同大学作曲科中退。
リューベック音楽大学大学院修了。東京藝術大学作曲科非常勤講師等を経て、現在、岐阜大学准教授。東京藝術大学大学院、名古屋芸術大学、愛知県立明和高校音楽科非常勤講師。ヤマハマスタークラス特別コース講師。ヤマハ音楽教室のテキスト作成、全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)が実施する指導者向けライセンスの問題作成などに携わる。
日本ソルフェージュ研究協議会理事、全日本ピアノ指導者協会指導者育成委員。

平井 恵

顧問平井 恵元千葉県文化会館館長

【プロフィール】
私は仕事柄、その道を極めた音楽家と接する機会が多かったので、ときどき「何才から楽器を手にしたんですか?」と聞いてみることがありました。
多くは、「気がついたら楽器をいじっていた。」と返ってきました。
おもちゃにして触れていたのがよかったのでしょうね。3Pとか4Pとか仲間うちでは言っているようですが、これは3歳・4歳からピアノを始めたという意味だそうです。この教室も幼い生徒さんが多いようですが、後ろに強力な講師陣が控え、初心者から音大受験生までを指導しております。
さらには、毎日が日曜日という方々も通ってらっしゃいます。人生は、まず楽しいことが大切でしょう。
私は「もしもピアノが弾けたなら」と歌ってばかりですが、音楽を愛好する人たちの中で、お手伝いをして楽しんでおります。
人生を振り返ってみるに苦しかったとき、悲しかったとき、寂しかったときは音楽に癒され、助けられました。
老いも若きも当教室の門を叩いてみてください。